INTRODACTION

      NY公演――――――
      現地入りし取材を受けてーまず感じた。
      違う。
      着物や太鼓、そこにまず興味を持って観に来てくれる。いや、そんなことではなかった。
      「何が伝えたいこと?それをちゃんと伝えて。」
      そうだった。
      そこを考えて挑んできたはずだったのに。
      生きること。
      2016年ホームレスが多くなっているNY入りして、ここでMUSICAL公演を行うことに…
      一瞬心が怯んだ。

      チャラチャラしたMUSICALなんてやってない。
      “人間ってさぁ”
      それを描いたMUSICALで、挑みに来た。

      生きることは…悶々とすること。
      心は仏になり――――――
      鬼にもなる。
      それが人間。簡単じゃない複雑。
      人間
      というものを描きたかった。

      取材をしてくれた方が観に来てくれた。
      「人間の普遍的なテーマを描きたかったのね!」
      伝わった。繋がった。
      なんとも言えず嬉しかった。

      NY公演で評価をもらうことが目的だった。
      それを目標にひたすら足掻いた。
      でも終わった後、
      再びスタートラインに立った。

      芸術
      人間にとって必要なもの。
      生きる上で必要なもの。
      それをあらためて学び成長し、新たにスタートラインに立った。

      そしてNY公演から3年が経った2019年。
      丹波篠山に〈OZシアター〉を建設。公演をスタートさせた。
      「丹波篠山から世界へ」
      OZmateは2022年。
      再び世界への目標を掲げ、第3ステージの幕を開けます。

      ――― 作・演出・主宰 辻井奈緒子




    STORY

      人間は誰しも鬼になりえる心を持っている。
      どんな事が起きた時、人の心を鬼の心が突き破り鬼へと変貌するのか?

      平安時代中期、時の権力者・藤原長道は次の関白の座を狙い、ライバル貴子と権力争いを続けていた。
      長道の息子、伊吹丸と娘の時姫は、人の心を失っていく父を悲しげに見つめていた。
      長道と貴子の争いはエスカレートし、貴子は長道を陥れる為、自分の屋敷に火をつけた鬼たちの中に髪が赤い伊吹丸がいたと噂を流す。
      スキャンダルは出世の妨げになると考えた長道は「伊吹丸は、すでに死に、自分の屋敷にいるのは、伊吹丸に化けた鬼だ」と証言する。
      父に裏切られた伊吹丸は、屋敷に現れた大江山に住む鬼、酒吞童子たちと共に姿をくらます。
      そして父への憎しみの心は、彼の姿を本物の鬼の姿へと変えていった…



    STAGEINFO
      〒 669-2102
      兵庫県丹波篠山市南矢代106-6
      JR福知山線 南矢代駅より徒歩5分
      (国道176号線沿)
      TEL. 079-506-6200


    TICKET
    CAST

      CAST


      藤原長道: 陽田山ろこ
      伊吹丸: 松本飛路
      時姫: 葵ひなた
      精霊: 歌帆
      酒呑童子: 木内叶恵
      虎熊童子: はるか
      星熊童子: mifuka
      貴子: 樋口葉子
      兼周: みやぎち / ウンヨン
      アンサンブル
      MAYU さゆき はれな

      CREDIT


      作曲・作詞・作・演出・振付: 辻井奈緒子
      編曲: 大槻知子
      舞台美術: 藤井人史、藤井由美子
      ロゴデザイン: LRDesigns
      広報美術: 木内めぐみ

© 2021 Musical Company OZmate